中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

少しずつ回復させていく心の病気

病気に罹ってしまったとき、現代で最も困るのは社会的な自分の立場についてです。例えば、学生ならば勉強が遅れてしまう、社会人ならば休んだ間の給料が減ってしまう、などという事です。これがもし自然界ならば、早く回復しなければ他の動物に弱ったところを狙われてしまう、という事になるのかもしれません。社会生活を営む私たちが病気の時に気にするのは、自信の身体の他に、こういった自分が所属しているコミュニティに対する不安です。そのコミュニティから脱落してしまえば、自分の居場所がなくなってしまうという恐れが生じるからです。心の病気は特にその心配が強くなるケースが多いです。早く回復しなければと思っても、自分で心をコントロールする事が出来ないので、余計に焦ります。そして、その焦りの中でまた病状が悪化して空回りしてしまうこともあります。

まずは焦りは心の病気の回復には禁物、ということだけは覚えておきましょう。焦らなくても良いと自分に言い聞かせるようにします。可能ならば、周囲からの理解を得られやすい環境に身を置いて、一人でも多くの理解者を味方にしておくと良いです。患者本人にはそこまで気力がないでしょうから、やはり周囲からの援助は必要になると思います。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.