中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

子どもの病気について。

我が家には子どもが一人いますが、幼児なのでよく体調を崩します。特に三歳までは病院にかからない月はないといっても良いほど、頻繁に病気や怪我をしていました。まわりの母親たちとの会話でも分かりますが、とにかく子どもが小さいうちは病院通いを覚悟しなければ行かないということです。免疫力が低い子どもはたびたび風邪を引いたり、初めてかかる病気も多いので、何か異変を感じたら病院に連れて行くことになります。しかし実際に受診が必要な場合はすべてではないようです。

ちょっとした風邪などでは受診の必要はなく家庭で経過を見ていても構わないケースもあるといいます。確かに大人であれば風邪くらいですぐに病院にかかることは少ないでしょう。しかし言葉を話せるようになる前の乳児の場合は、どこがどう悪いのか、見ただけでは判断できないことがあります。まして1人目の子どもの場合はその加減もわかりませんから、いつもと違う様子があったり熱が上がってしまった場合は慌てることもあると思います。たとえば夜中や連休中であれば簡単に病院を受診することはできないので、緊急性があるかどうかの判断や、家庭でのケアの方法をあらかじめ調べておくと安心できるのではないでしょうか。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.