中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

心の病気の治療について

4年制の専門の大学を出て国家資格を取得して作業療法士として働いていますが、今年で10年経過します。心の病気を患った人たちを毎日相手に治療していますが、なかなか完全に治るという事は難しく、気長に治療を続けていくことが大切だと感じています。患者さんの症状には色々と種類があり、一番多いのが統合失調症で次に躁病、人格障害などが続いています。その病気も薬物治療が中心で、毎日薬を飲んで脳へ直接働きかけて精神症状を抑えるようにしています。薬を飲まないとすぐに状態が崩れてしまい元に戻ってしまうために、看護師が毎日食後などに管理をしています。

私は上記の様な薬物治療の他に、作業を通して患者さんの心のケアやリハビリを行う業務をしています。難しいことはしていなくて、人として生きていくための動作や習慣の再獲得を手伝ったり、生活リズムを整える手助けをしたり、レクリエーションやカラオケなどの楽しみの提供をして、病気の進行を遅らせたり、再発を防いだり、ストレスの発散をしたりしています。10年勤務していて、退院した患者さんは沢山いますが、そのうちの半数は再発して戻ってきてしまう傾向で、自宅に帰り、服薬管理を怠り病気の症状が出てきてしまうのがほとんどの理由のようです。私たちは何度も諦めずに患者さんの社会復帰のために今後も気長に頑張っていきたいと思っています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.