中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

免疫力が低下すると病気にかかりやすい体になる

人は風邪をひきやすい人とひきにくい人がいますが、それは免疫力の高さに関係してきます。たとえば免疫力が高ければ体に侵入した細菌やウイルスをキレイに排除できるので病気にかかりにくい体ですが、免疫力が低いと細菌やウイルスを排除しきることができないので病気にかかりやすい体になってしまいます。つまり、免疫力の高さが病気に対する抵抗力の強さなのです。健康な人が病気になってしまうのは免疫系のトラブルや血管系のトラブルで、どちらも自律神経の働きと深く関係しています。免疫は外部からの異物に対して働くだけではなく、体の中で生じる異物からも守ってくれます。ガンという病気も人の体を構成している細胞が、遺伝子の突然変異によってガン化して増殖してしまう病気です。

健康な人でもガンの細胞は生まれていますが、ガンにならずにすんでいるのは、免疫システムがそれらを排除してくれているからです。その為に風邪をひきやすい免疫力の低い人は、ガンにもなりやすいと言えます。自律神経のバランスが良いと白血球のバランスも良くなり、自律神経のバランスが崩れると白血球のバランスも崩れてしまうので、免疫力が下がってしまうのです。このように免疫システムと自律神経が深く関わっているのです。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.