中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

病気をしない血液サラサラの身体

人は食生活や環境によっても血液はダメージを受けたりします。血液がドロドロに濁ってしまうとさまざまな病気の原因をつくっているのは確かです。健康的には自信を持っている人でも、なかなか血液サラサラにはなりにくいのが現状です。病気もなく、元気に暮らすお年寄りのほうが、若い人よりも血液はキレイな場合が多いのではないでしょうか。早起きと散歩を日課にして野菜や魚、豆、海藻などなどを中心とした昔ながらの日本食を守ってきたお年寄りの血液は、キレイといえます。又、血液をサラサラにする食物をたくさん食べても、昔では実際にどのくらい改善されたかは確かめようがなかったのですが、今では血液細胞分析システムがあり、誰でも簡単に自分の血液を見ることができるようになってますので、食生活などを改めて努力した結果が目に見えて分かれば、改善のしがいもあります。

血液がサラサラになり病気をしない身体をつくるには、まずは血液をドロドロにする原因を取り除くことが先決です。その主な要因として日常生活では運動不足やストレス、脂肪や糖分などたんぱく質の摂りすぎや悪玉コレステロールの蓄積から酸素、ビタミン、ミネラルの不足などです。特に脂肪や糖分などは摂りすぎ状態に陥っています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.