中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

パーキンソン病という脳神経に異常が起こる病気

パーキンソン病という病気をご存知でしょうか。脳の脳幹という部分に属する「黒質」という部分に異常が起こることにより、神経細胞を減少させドーパミンという物質量が低下していくことで、うまく神経に司令が送れないようになってしまうため、体の動きが鈍くなったり、筋肉が固まってしまうなどといった症状がパーキンソン病の進行と共に現れやすくなってしまいます。初期症状は唇や手足の震えから始まります。唇がモゴモゴと震えてみえるのは実際は顎からの震えによるもので、手足は最初は左右片方のどちらかから小刻みに震えだすようになります。震えは何もしていない安静時に起きやすいのが一般的ですが、中には緊張時に特に症状が出やすい人もいます。また歩くときに小刻み歩行になりやすいため、歩幅を大きく取るように心がけましょう。「いち、に」と声をかけてあげると歩幅が取りやすくなるともいわれています。

パーキンソン病を完治する方法は、残念ながら今はありません。しかしドーパミンを増やす薬などにより進行を遅らせることはできるので、パーキンソン病かもしれないと思ったら神経内科を受診するようにしましょう。パーキンソン病と診断されても不安がらずに薬だけでなく運動をするように心がけましょう。パーキンソン病は筋肉が固まってしまうため、積極的に動かなければ徐々に運動機能が低下していってしまいますので、リハビリ感覚でゆったりと筋肉を動かす運動をするように心がけることが大切です。高齢の方であればデイサービスや在宅のものなどを利用してリハビリやマッサージを受けることで筋肉が柔らかくなり将来的な寝たきりを予防できます。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.