中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

病気の原因活性酸素とは

人の体内で合成しながら体の外からも入ってくる攻撃的な酸素と言えば活性酸素ですが、細胞質中に多数存在するミトコンドリアというところで、アデノシン三リン酸をつくっていますが、この合成過程で活性酸素ができてしまいます。又、人が呼吸したりするときに吸い込んだ酸素の内2%程が活性酸素になってしまうと言われています。酵素を多く含む食物や酵素食品で消化酵素を補い、栄養をきちんと分解し吸収していれば、自然に血液はキレイになってきます。血液がキレイになることは病気をしない体でいられるし、結果的には体調が良くなって動脈硬化が原因の病気にもかかりにくくなるはずです。しかし依然としてありがたくない病気が襲ってきます。今では死亡率1位のガンも一向に減る様子がありません。それには必ず原因があるわけで、それは活性酸素とも大きく関係しています。

あらゆる病気に関係する活性酸素は動脈硬化の原因にもなりというふうに、際限なく悪事を働くのです。ガン遺伝子病という説が一般的ですが、それは遺伝子に異常をきたすことによって起こる病気だということです。遺伝子に異常をきたす原因にはウイルスの感染や遺伝子の突然変異などがありますが大半は活性酸素が原因しています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.