中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

人気の病気、きちんと整理されているこのサイトがイチオシです

お年寄りに多い目の病気〜白内障とは〜

お年寄りに多い目の病気である”白内障”。この白内障とはどのような病気なのでしょうか。白内障とは、目の水晶体の部分が白く濁り、見えにくい状態になる病気のことを言います。目の中にある水晶体は年齢とともに白く濁る傾向にあります。カメラのレンズの様な役割をはたしているこの水晶体が濁ってしまうと、ものが見えにくくなり普段の生活に支障がでてしまいます。この白内障は一気に見えなくなるのではなく、年齢とともに少しずつ進行していきます。症状は目のかすみや視力の低下、光がまぶしく感じるなどがあります。目が見えにくい状態で、生活に支障がでる場合は白内障の手術をする必要があります。白内障は手術によって改善することが出来ます。

また、加齢だけではなく他の病気が原因で白内障になる場合があります。糖尿病や目の外傷、アトピーなどが原因でなる場合がありますが、ほとんどが加齢によって白内障になる老人性白内障の割合が多いのが現状です。白内障を予防する為には目の老化を防ぐことが必要です。目の老化を遅らせると言ってもどの様にすれば良いのか分からない人も多いと思いますが、目の老化を防ぐ為には抗酸化作用の強いブルーベリーなど食べると効果的です。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.