中高齢者の病気に挙げられる認知症について

検索フォーム
人気の記事
中高齢者の病気に挙げられる認知症について

目に多い病気〜緑内障とは〜

目に多い病気の一つである”緑内障”。この緑内障とはどのような病気なのでしょうか。緑内障とはなんらかの原因で視神経が障害を受け、視野が見えにくくなっていく病気のことをいいます。日本ではこの緑内障が失明原因の第一位となっているくらい良くおこる目の病気の一つです。症状には徐々に症状が悪化していき、視野の一部分が見えにくくなってしまうものと、頭痛や吐き気、充血などの強い症状がでるものがあります。緑内障の初期では視野の一部が欠損し見えにくい状態になりますが、もう片方の目がそれをカバーする為その症状に最初は気付かない人も多く見られます。その症状が徐々に強くなり、見える部分が少なくなりそこでやっと気付く場合もあります。

自覚症状がなかなか出にくいのもこの病気の特長です。最悪は失明してしまう場合があるので注意しなくてはいけません。しかしほとんどのばあいゆっくり進行するので、気付いた時には最悪の状態だったという場合もあるので失明の原因の第一位になっています。この緑内障の治療には薬物療法と手術の二通りがあります。薬物療法は点眼液で、病気の進行を遅らせる為に使います。他にレーザー治療などの手術も行っています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 中高齢者の病気に挙げられる認知症について All Rights Reserved.